【尊師】唐澤貴洋弁護士「台本を無視してひろゆきに闘いを挑みました」 アベマTVでの惨敗討論【炎上弁護士】

尊師「私は、アベマプライムのスタッフから渡されていた台本を一切無視して、西村氏にインターネット掲示板の管理者としての責任を問う戦いを挑みました。番組は生放送です。」

1:ななしさん 2018/12/15(土) 07:53:03.68 ID:cpfZVTHB0
ただの池沼じゃん
尊師「私は、アベマプライムのスタッフから渡されていた台本を一切無視して、西村氏にインターネット掲示板の管理者としての責任を問う戦いを挑みました。番組は生放送です。
尊師「生放送の結果、インターネット上でどのような評価が去れようとも私は気にはしていません」←気にしろよw

“【尊師】唐澤貴洋弁護士「台本を無視してひろゆきに闘いを挑みました」 アベマTVでの惨敗討論【炎上弁護士】” の続きを読む

【尊師】「炎上弁護士」のレビュー欄、ほとんどが未購入レビュー【唐澤貴洋】

・まだ7件だが評価は悪くない
☆1はどうせなんJ民やし
・この本との出会いに感謝(☆3/5)
・当職はドルオタじゃないナリ!!

スポンサーリンク



1:ななしさん 2018/12/13(木) 14:35:03.03 ID:DzZv7cjrM
買ってやれや

 

2:ななしさん 2018/12/13(木) 14:35:41.72 ID:JWwDy/qld

“【尊師】「炎上弁護士」のレビュー欄、ほとんどが未購入レビュー【唐澤貴洋】” の続きを読む

【炎上弁護士】尊師、ケンカが強かった【唐澤貴洋】

・尊師はケンカが強く、小学校時代は弟を守っていた
・段々疎遠になり、弟が高校に入って派手な服装をするようになった
・遺体を発見したのは洋

1:ななしさん 2018/12/13(木) 13:31:40.03 ID:nzUxM1or0
739 :無名弁護士:2018/12/13(木) 13:24:47.80 ID:qgARoYcD0
・尊師はケンカが強く、小学校時代は弟を守っていた
・段々疎遠になり、弟が高校に入って派手な服装をするようになった
・遺体を発見したのは洋
・警察からあまりチーマーのことを教えてもらえず、立件されたかも不明
・尊師が高校を中退したのは単にレールにしかれた人生に疑問を持ったからという中二病的な理由で、弟は関係ない

“【炎上弁護士】尊師、ケンカが強かった【唐澤貴洋】” の続きを読む

【尊師】ドワンゴ川上さん、山本一郎に訴えられ唐澤貴洋弁護士に弁護を依頼してしまう

また、今後の山本一郎氏との一連の裁判については、唐澤貴洋弁護士に依頼することにしました。
ご存知のかたも多いと思いますが、唐澤貴洋先生は、自身がネットでの誹謗中傷により甚大な被害を被った経験があり……

1:ななしさん 2018/12/11(火) 06:58:49.58 ID:xjgIx/3ZM

11月15日付けで提起された山本一郎氏からの訴訟について、本日、答弁書を送付いたしました。

また、今後の山本一郎氏との一連の裁判については、唐澤貴洋弁護士に依頼することにしました
ご存知のかたも多いと思いますが、唐澤貴洋先生は、自身がネットでの誹謗中傷により甚大な被害を被った経験があり、
今回の表面的には馬鹿馬鹿しいだけの訴訟の意義をもっとも理解している弁護士ということになるでしょう。

ある意味、自然発生的なネットユーザーの感情の発露として始まったネットでの誹謗中傷は、ネット空間の巨大化と一般化に伴って、
いまでは、より組織的かつ計画的なものとして変質しつつあります。

山本一郎氏を相手とする訴訟という、だれも引き受けたがらない不毛な争いごとを受けていただいた唐澤先生に感謝するとともに、
今回の訴訟が、増大する一方のネットでの誹謗中傷とそれを利用しようとする動きに一石を投じられたらと願っています。

“【尊師】ドワンゴ川上さん、山本一郎に訴えられ唐澤貴洋弁護士に弁護を依頼してしまう” の続きを読む

【尊師】「しねかす」いじめ 匿名でネットに書き込み、投稿者の情報開示命令

LINEには、そんなメッセージが届き、靴の裏にも「しね」と書かれました。
埼玉県川口市立戸塚中学校。サッカー部内でのいじめでした。
無視されたり、仲間外れにされたり・・・。暴力も振るわれました。

1:ななしさん 2018/12/10(月) 18:00:18.98 ID:IyFPL3G10

 「いわゆるネットいじめの抑止力になる」と、専門家は話しています。
インターネットの掲示板に匿名で、いじめ被害者の名前を書き込んだ人物の情報を開示するよう、東京地裁が通信各社に命じる判決を言い渡しました。

少年へのいじめは、中学に入って間もなく始まりました。

 「しねかす」

LINEには、そんなメッセージが届き、靴の裏にも「しね」と書かれました。
埼玉県川口市立戸塚中学校。サッカー部内でのいじめでした。
無視されたり、仲間外れにされたり・・・。暴力も振るわれました。

「顔をたたかれたり、ボールを当てられたり。シャツの後ろの襟をつかまれ、引きずり回されて倒されて、みんなに笑われた。とても嫌だった」(いじめを受けた少年)

やがて少年は不登校に。自宅で手首を切り自殺を図りますが、未遂に終わりました。

少年は顧問に助けを求めますが、顧問は「連絡ノートの書き方が悪い」と、逆に頭をたたきました。
学校の不適切な対応。教育委員会もなかなか調査を始めませんでした。

“【尊師】「しねかす」いじめ 匿名でネットに書き込み、投稿者の情報開示命令” の続きを読む

【尊師】唐澤貴洋弁護士の自伝「炎上弁護士」の表紙が公開される!! TOKYO MXの「バラいろダンディ」に出演【ハセカラ】

・犯罪者みたいでこわい
・想定の斜め上を行くキモさ
・中古で500円くらいで売ってるホラーゲームっぽい

1:ななしさん 2018/12/03(月) 18:28:13.91 ID:VBg0pMUBM

“【尊師】唐澤貴洋弁護士の自伝「炎上弁護士」の表紙が公開される!! TOKYO MXの「バラいろダンディ」に出演【ハセカラ】” の続きを読む

【尊師】唐澤貴洋の「炎上弁護士」、目次が公開される【炎上弁護人 原作】

第1章 なぜ、僕が炎上弁護士になってしまったのか
第2章 弁護士を目指したきっかけは、弟の死
第3章 落ちこぼれが弁護士になるまでの茨の道

1:ななしさん 2018/11/15(木) 14:45:54.96 ID:fs97YORGM

【本書の目次】
プロローグ 100万回の殺害予告が来るまで──誕生日に突然、見知らぬ人から郵便物が届いた
第1章 なぜ、僕が炎上弁護士になってしまったのか
第2章 弁護士を目指したきっかけは、弟の死
第3章 落ちこぼれが弁護士になるまでの茨の道
第4章 弁護士になってからも茨の道は続いた
第5章 ネット社会のゆがみ 人の心の闇を思い知らされた
第6章 100万回の殺害予告を受けても、僕は弁護士を辞めない
エピローグ すべては依頼者のために
著者について
唐澤 貴洋(からさわ たかひろ)
弁護士。1978年1月4日生まれ。
法律事務所Steadinessを東京港区三田にて運営する。インターネット上の権利侵害の問題に2011年から取り組む。
2018年、NHKドラマ「炎上弁護人」の取材協力を務める。
法律に関する相談は、info@steadiness-law.jpまで。

“【尊師】唐澤貴洋の「炎上弁護士」、目次が公開される【炎上弁護人 原作】” の続きを読む