アメリカの警察、スーパーで万引きした黒人少女にスタンガンで社会の厳しさを教える

「警官に危害を加える恐れのない11歳の子どもにテーザー銃を使用するのは誤りだ。少女とその家族が被った苦痛について申し訳なく思う」と述べた。

スポンサーリンク



1:ななしさん 2018/08/10(金) 15:04:43.58 ID:I1K05Tl2a

店で万引きの11歳少女にスタンガン、警官に批判の声 米

(CNN) 米オハイオ州シンシナティの警官が、食料品店で万引きをはたらいたとみられる11歳の少女に対し、スタンガンの一種のテーザー銃を使用していたことが10日までに分かった。
同市の市長などからは「誤った対応だった」との批判の声が上がっている。

“アメリカの警察、スーパーで万引きした黒人少女にスタンガンで社会の厳しさを教える” の続きを読む

【悲報】コンサルに400万円払ってカードショップを開業した結果…殺人未遂【鹿毛陽子容疑者】

・堕ちすぎィ!
・斜陽産業に挑む鑑
・毒の入手経路が意識高い
・なんでこんなクソ業界に手突っ込んだんや

1:ななしさん 2018/08/02(木) 00:50:43.83 ID:+TpGjAqT0

“【悲報】コンサルに400万円払ってカードショップを開業した結果…殺人未遂【鹿毛陽子容疑者】” の続きを読む

【悲報】ちんさん、埼京線で女性を集団痴漢し線路上を逃亡w

 電車内で女性の体に触ったとして、警視庁板橋署は9日、強制わいせつ容疑で埼玉県に住む30代の会社員の男を現行犯逮捕した。一緒に女性の体に触ったとみられる男がJR板橋駅でホームから線路に飛び降りて逃走しており、行方を追っている。

1:ななしさん 2018/04/10(火) 18:49:25.49 ID:XcePL5XQM

痴漢容疑、男1人を逮捕 仲間は線路上を逃走

 電車内で女性の体に触ったとして、警視庁板橋署は9日、強制わいせつ容疑で埼玉県に住む30代の会社員の男を現行犯逮捕した。一緒に女性の体に触ったとみられる男がJR板橋駅でホームから線路に飛び降りて逃走しており、行方を追っている。
 逮捕容疑は9日午後7時10分ごろ、JR埼京線池袋-板橋間の先頭車両で、20代女性の下着の中に手を入れて下半身を触った疑い。
 板橋署によると、目撃した男性が男2人を車内で取り押さえた。降車した際、1人が赤羽方向に線路上を走って逃げた。(共同)

“【悲報】ちんさん、埼京線で女性を集団痴漢し線路上を逃亡w” の続きを読む

ストーカーで警告受けたんやけど全然納得いかないんやが?

確かに片想いはしてたけど、やった覚えの全くないことまでやったように言われたんやが?

スポンサーリンク

1:ななしさん 2018/02/10(土) 04:33:52.98 ID:MHQbzMJb0
確かに片想いはしてたけど、やった覚えの全くないことまでやったように言われたんやが?

“ストーカーで警告受けたんやけど全然納得いかないんやが?” の続きを読む

【死刑執行】昨日死刑執行された関光彦ってコンクリ犯より酷い事したん?

未成年で死刑になるとかコンクリ犯はみんな出所してるだろ

1:まとまる名無しさん 2017/12/20(水) 10:21:55.25
未成年で死刑になるとかコンクリ犯はみんな出所してるだろ

“【死刑執行】昨日死刑執行された関光彦ってコンクリ犯より酷い事したん?” の続きを読む

【有罪判決】熱湯猫虐殺事件の大矢誠被告に懲役1年10月執行猶予4年の有罪判決 猫好きから極刑にしろと非難轟々

猫虐待で執行猶予付き判決…傍聴した杉本彩さん「すごく悔しい」「現行法では限界」

1:まとまる名無しさん 2017/12/12(火) 17:33:23.81
【猫虐待】元税理士に懲役1年10月求刑 東京地裁公判

 埼玉県内で13匹の猫を虐待したとして元税理士の大矢誠容疑者(52)が動物愛護法違反容疑で逮捕され、28日に東京地裁(細谷泰暢裁判官)で初公判があった。
大矢被告は起訴内容を認めた。検察側は懲役1年10月を求刑し、弁護側は執行猶予付きの判決を求めて結審した。判決は12月12日に言い渡される。 ……

公判には猫の愛好家が多く詰めかけ、タレントの杉本彩さんも傍聴した。杉本さんは閉廷後「同様のことが起こらないよう、厳しく処罰してほしい」と語った。

 

“【有罪判決】熱湯猫虐殺事件の大矢誠被告に懲役1年10月執行猶予4年の有罪判決 猫好きから極刑にしろと非難轟々” の続きを読む

野良猫虐待の大矢誠被告、動物愛護法違反で懲役1年10月を求刑される

1:まとまる名無しさん 2017/11/28(火) 22:13:25.00

熱湯を掛けるなどして野良猫を虐待死させたとして、動物愛護法違反罪に問われた元税理士大矢誠被告(52)の初公判が28日、東京地裁(細谷泰暢裁判官)であり、大矢被告は「生き物の尊厳を損なう行為だった」と起訴内容を認めた。

検察側は懲役1年10月を求刑して即日結審した。判決は来月12日。

大矢被告は被告人質問で、ふん尿被害から野良猫の捕獲を続けていたが、手をかまれたことをきっかけに虐待を始め、その様子を撮影した動画をインターネットで公開したと説明。

「当初は恨みを晴らすためだったが、動画に反応が多く抵抗感が薄れてエスカレートしていった」と述べた。

検察側は論告で、常習的で再犯の恐れも大きいと指摘。弁護側は社会的制裁を受けているとして、執行猶予付き判決を求めた。(2017/11/28-18:13)

 

“野良猫虐待の大矢誠被告、動物愛護法違反で懲役1年10月を求刑される” の続きを読む