【心理】他人をモノ扱いした方がいいかもしれない

人をモノのように扱っていると思った振る舞いが、なぜか逆に人に好かれ始めた

私は小さい頃より人付き合いが苦手だった。
正義感が強く、向上心も向学心もあり、みんなで助け合えば世界は少しずつ良くなるはず。
そんな定番の盲目な優等生タイプだった。
本人がどんな気持ちかも大切だが、それ以上に再発防止や真実を明らかにすることの方が重要だと思っていた。
でも困っている人がいれば助けるし、一般的な義務は果たす。

甘い言葉よりも苦いアドバイスの方が、その先友人のためになるならと、後者を与えていた。
しかし、それをやると「人のことを考えていない」、「人はモノじゃない」だなんて言われる。
私としては、その人を本当に大切に思うからこその選択だった。
目先の雰囲気や厄介ごとや嫌われ者になることを回避するために、おざなりの対応をすることの方が人をモノとして見ているじゃないか。
嫌われても、今後友人が被る災難を1つでも減らすことが思いやりだと思っていた。

……どうやらこのやり方は間違っているのかもしれない。
試行錯誤して、人生に疲れて来た頃、なにもかもめんどくさくなって、前者の対応を取るようにした。
その人のためにならなくても、表層的な、場当たり的な求めている答えや対応をするようにした。
私の中では人をモノのように扱っていると思った振る舞いが、なぜか逆に人に好かれ始めた
思いやりがある、優しい、一緒にいたい、信頼できる。
そんな言葉をたくさんの人からもらい、なんだか他人がゲームの中のキャラクターのような、良さそうな言葉を選択すれば簡単に好感度が上がる、単純なプログラムやロボットのように思えてきてしまった。

今でもその考えは変わっていないし、一部の友人にしか「思いやりのある対応」はしない。
それで喜ぶ人・慕ってくれる人・私を好きになる人に関してはそういう見方が拭えない。
皮肉なものだが、「他人をモノ扱いするな」というのは一般的に良い人間の心得なのだろうが、現実は理想とは違うもので、逆の行いをした方が個人としては行きやすいものなのかもしれない。

今でも私は罪悪感を感じつつ、たくさんの人をモノ扱いをしている。
人間なんて、その場その場の自分の欲求を肯定するものと、まるで自分の人生を100%自分で選択したという実感だけを求めている、単純なプログラムや、もしくは家畜や虫となんら変わりないんだと思う。

“【心理】他人をモノ扱いした方がいいかもしれない” の続きを読む

「サイコパス」が潜んでいる確率が高い10の職業、低い10の職業

サイコパス」が潜んでいる確率が高い10の職業(ライフハッカー

■「サイコパス」が潜んでいる確率が高い10の職業

1.最高経営責任者(CEO)
2.弁護士
3.メディア関係者(テレビ、ラジオ)
4.セールスマン
5.外科医
6.ジャーナリスト
7.警察官
8.聖職者
9.シェフ
10.公務員

“「サイコパス」が潜んでいる確率が高い10の職業、低い10の職業” の続きを読む