スポンサーリンク
?

 

2月13日 コインチェック記者会見 大塚雄介取締役による説明と質疑応答

2月13日20時頃、コインチェックの記者会見が行われた。
会場に現れたのは取締役の大塚雄介のみで、大塚雄介代表取締役は姿を見せなかった。
大塚雄介による現状の説明と質疑応答の内容をおおまかに掲載する。


スポンサーリンク

コインチェック記者会見

2月13日20時頃、コインチェックの記者会見が行われた。

会場に現れたのは取締役の大塚雄介のみで、大塚雄介代表取締役は姿を見せなかった。

大塚雄介による現状の説明と質疑応答の内容をおおまかに掲載する。

スポンサーリンク


大塚雄介取締役による説明

一歩目
出金を再開した
合計401億円 出金指示を終了している

明日以降も継続して出金をする

ネムの補償について
ある程度めどが立っている
明確な時期が確定したら報告する

仮想通貨送金・売買について
外部のセキュリティ会社と相談して安全を確認でき次第再開する

 

質疑応答

A.金融庁に業務改善報告書を提出したがそのやりとりについて
やりとりについては答えられない
詳細はプレスリリースで確認お願いします

A.補償の額の見直し
変更はない

A.ネムの補償の資金はあるのか
資金はある
現金で補償する

A.なぜ社長がいないのか
私の方が内容説明の責任者のため

A.破産という噂もあったが?
事業継続していく意思を持っている

スポンサーリンク


なぜ会見を開いたのか不可解

記者会見が行われたが特に新しい情報がなく、わざわざ記者会見をする理由が不可解だった。

現状の説明として、出金を再開したこと、ネムの補償をする意思があること、事業継続の意思があること、などが大塚取締役によって語られた。

一方、ネムの補償の明確な時期については明かされず、あまり実りのない記者会見になった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。