スポンサーリンク
?

 

日本産ゲーム 中国で謎の人気 「旅かえる」

 日本の会社が開発したスマートフォン向けゲームアプリ「旅かえる」が、中国でなぜか爆発的に流行している。中国のAppStore(iPhone向けのアプリストア)の無料ゲームアプリランキングで1位を獲得したのだ。可愛いイラストの蛙が勝手に旅へ出かけ、自宅に戻ってきたら、旅先の画像やお土産を持ってくるという放置型ゲーム。


中国で異例の大ヒット中の日本のゲームアプリ「旅かえる」とは?〈週刊朝日〉

 日本の会社が開発したスマートフォン向けゲームアプリ「旅かえる」が、中国でなぜか爆発的に流行している。中国のAppStore(iPhone向けのアプリストア)の無料ゲームアプリランキングで1位を獲得したのだ。可愛いイラストの蛙が勝手に旅へ出かけ、自宅に戻ってきたら、旅先の画像やお土産を持ってくるという放置型ゲーム。

 ゲーム自体は、昨年11月下旬にGoogle Play(アンドロイドスマホ向けのアプリストア)、AppStoreで世界配信した。

 今年に入り、なぜか突如、中国のSNS上で次々と「旅かえる」を楽しむ画像を投稿する中国人が続出。結果的に、開発元の日本より中国で知られるゲームアプリとなったのである。

 実は、「旅かえる」は日本語仕様のみで、中国語対応はしていない。

 それなのに、なぜ「旅かえる」に中国人ははまるのか。

 同国ユーザーたちに聞くと、「子供の頃に動物を飼っていた感覚と似ている」「かえるが好き勝手に行動するのが面白い」「日本の観光地の画像が良い」「子供を育てる感じ」と本誌の取材に答えた。

 中国のSNS上では、画面をキャプチャして中国語による説明書きを付け加えたものや、パロディ画像が次々と投稿され続けている。また、ヒットポイント自体は中国のマーケット向けにアンドロイド版「旅かえる」を配信してないはずなのに、既にいくつかのマーケットで出回っている。……

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180129-00000004-sasahi-cn

 
スポンサーリンク




以下、コメント

●中島恵 ジャーナリスト
確かに今、中国で「旅かえる」は大ヒット中ですね。私の中国人の友人も大勢はまっています。
ヒットの理由はいくつか考えられます。
たとえば、①中国人も経済的に豊かになり旅行の経験が増えてきて、このゲームで日本の観光地を疑似体験できたり、自分も行ったことがある観光地が出てくるので共感できる、②中国人の感覚が日本人に近づいてきて、かわいい絵の旅かえるに癒される、③中国の30代以下の人は日本のゲームで育ってきた人が多いので、馴染み深い、④スマホのゲームは日本人以上に中国人もはまっている、⑤日中の情報時差がなくなり、日本で流行っているものが中国でもすぐに流行る時代になった、などが理由だと思います。

 

●僕も中国人です。今このゲームをやっています。可愛い蛙、有名な観光地をベースに取材して実に面白いです。蛙からもらった写真”名古屋城”は16年夏見に行った名古屋城と本当にそっくりだった。好い思い出ですね。日本環境は綺麗、歴史も長い、食べ物も美味しい、交通も便利、日本人も優しい。だから日本が好きです。もしも機会あれば、絶対再び行くつもりです。

・日本語うますぎΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

・かなり日本に好印象持ってますね。いいことです。只々、あんまりヤフコメを読んじゃダメ。変わるよw

・この人の日本語は上級者。日本語できない人が何故このゲームを好むのか知りたい。

・似たような放置型のアプリは色々あるけど、何故これがヒットしたんだろう…
「旅とお土産」が中国人が好きなポイントとか?

・旅かえるのカエルちゃんはとても可愛いので、中国人若者たちの心を掴んだ。

・コメントを見る限り、コメ主さんはもはやネイティブに限りなく近い語彙力でしょ。
日本に住んでなくて中国にいながら独学で習得したのであれば凄すぎる。

スポンサーリンク





・中国では青蛙神など、キャラクターとしてのカエルが日本より身近って事情もあるのでは?と思った

・ネイティブの自分の方が日本語下手くそです。

・中国人は日本語覚えるのは滅茶苦茶早いし、覚えたらホントに日本人と変わりなく使いこなす。うちの現地法人のスタッフにもそういう人がいます。

・我々日本人が三國志というコンテンツに費やした膨大な時間に比べれば微々たるものでしょう。

 

●私もやってますが、かなりな放置感覚のゲームですね、何かと忙しい中国人にそこら辺りがハマるのかもしれませんね♪

・割と最近のゲームだよな
ゲームウィズで見たよ
やろうか迷ってるかな

・1000万DL??
凄すぎる…大して面白くもないのに
もうほんとに、日本みたいなクソ狭い
マーケットでビジネスをすることが
どれだけアホなのかよく分かるな…

・特にマーケティングしているわけでもないのにヒットすることから、思いがけないところにチャンスが転がっていることがわかる。

・ねこあつめの流れでやり始めた。
アイテム増やして欲しい。

・中国はスマホゲーム人口だけで日本の総人口を軽く越してますからね。
だから、やはり中国市場でヒットする事はかなり大きい。

・日本向け無料アプリが中国で爆発的にヒットしたからといって、それで収益が出るのかね?
その辺知りたいわ。

 

スポンサーリンク


●やってますが、アイテム数やかえるの動作などがかなり少なく、もうちょっとバリエーションを増やして欲しいと思う。
アルバムもページ数が少なくていっぱいになったら消さないといけないし、ダブり写真を比較したいから(間違い探しみたいに細かい違いしかないやつもある)並び替え機能も欲しい。
ねこあつめもアップデートが減ったのでやることなくなってきた。
どちらもゲーム自体は好きなので、運営さんお願いします。

・この手のお気軽系はちょっとチープな感じのほうが取っ付きやすい

 

●放置ゲーが流行るのは日本だけだと思ってたがそうでもないんだね

・放置方の元祖は「リトル コンピュータ ピープル」かな。
所詮ソフト内で話しが進むから、限界があった。時代を先取りすぎたね。ファミコンでも「アップルタウン物語」としてある。
古すぎてスマン。

 

●私もやってますが、かえるがとにかく可愛い。
今あるゲームはキャラクターがユーザーに媚びる仕様が多い中、
ここではかえるが好きなように行動してるのも魅力かも。
課金でもいいからアルバム増やして欲しいんですよねー
消すのは寂しい。

 

スポンサーリンク


●95%中国ってのに驚いた。
人口比率が違うからだろうけど、
よっぽど中国人にハマったんでしょうね。

 

●ねこあつめっぽい、と思ったら、
ねこあつめを出したのと同じとこが出したアプリなのか。

・自分もねこあつめからやり出した。ねこあつめのメニュー枠のとこにカエル出現してた。なんとなく続けてる。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。